HOME » まずは簡単な英会話を覚えてから本格的に勉強しよう! » Thank youだけじゃない!?英語で感謝を伝えよう

Thank youだけじゃない!?英語で感謝を伝えよう

ありがとう、という言葉は日本語でもとても大切なものと考えられていますよね。

ちゃんと感謝の気持ちを伝える、ということは、相手にとっても自分にとってもプラスになります。感謝を伝えて嫌な思いをする人はいません。

では、英語ではどのように感謝の気持ちを伝えたらいいのか、シチュエーション別でご紹介します。

基本の感謝

Thank you.

誰もが知っている英語であり、感謝を伝える定番の言葉でもあります。まずはこの言葉さえ知っていれば、感謝の気持ちは伝えることができるでしょう。

Thank youの後に言葉をつける感謝

Thank you very much・for everything・so much.

本当にありがとう、いろいろありがとう、というような表現になります。ただ単にありがとうと伝えるだけよりも、少し多めのありがとうを伝えるときに役立ちます。

少し砕けた感謝

I owe you one.

恩にきるよ、というような友人同士で使うことが多い感謝の言葉です。

You’re the best.

あなたって最高!という意味があります。

ビジネスで使う感謝

Many thanks.

ありがとうございました、と日本語でいう敬語で感謝を伝えるような言葉です。

You’ve been very helpful.

助かりました、というような感謝の伝え方ができます。仕事のシーンで使うことが多いです。

We appreciate your business.

ご愛顧ありがとうございます、というような本格的にビジネスで使う言葉です。英語をビジネスで使う人なら知っておきたいですね。

日本語でも、ありがとう以外に感謝を伝える言葉ってたくさんありますよね。でも英語は、さらに多くのバリエーションがあります。今回ご紹介しているのは、超初心者向けの感謝の言葉となっています。もっといろいろなバリエーションを増やして感謝の言葉を使い分けしたいなら、しっかり学ばなくてはいけません。

初心者から安心して学べる格安英会話で、本格的に英語を学んでみませんか?

英会話初級者向け診断チャートを受けてみる

学習法に迷ったら診断テストでチェック!

サイドカラムイメージ

英会話スクール?オンライン英会話?英会話教材?英会話カフェ?自分にどの学習法がマッチしているのか、診断チャートで確認してみましょう!

受けてみる