HOME » まずは簡単な英会話を覚えてから本格的に勉強しよう! » 道を尋ねられたら教えよう。親切な日本人を目指す人へ

道を尋ねられたら教えよう。親切な日本人を目指す人へ

日本にも外国人観光客が増えていて、ふとしたときに外国人に話しかけられて、道案内をしなくてはいけない…という状況になったとき、スムーズに案内することができるでしょうか?ある程度の単語は知っていても、道案内をするとなると言葉のバリエーションも必要ですし、結構難しいでしょう。

外国人に道を聞かれても困らないように、英語で道を教えるときの基本となる英語をご紹介します。

現在地を伝えるところから始める

We’re.

今ここにいます、という現在地を説明するときに必要な言葉です。相手が地図をもっている場合は、まず現在地がどこなのかを説明してあげると、道もわかりやすくなります。

大まかな方向を説明する

This way・That way.

こっちです・あっちです、という説明で使える言葉です。大まかな情報ではありますが、まずはどっちの方面にあるのかを伝えてあげるといいでしょう。その後詳しく説明できればいいので、まずは方角だけでも教えてあげてください。

交通手段を説明する

You should take a train.

電車に乗ったほうがいいです、と交通手段を伝えます。電車以外にバスやタクシーなどは最後の単語を変えるだけで大丈夫です。

道順を説明する

Go straight.

まっすぐ進んでください、という言葉です。道をまっすぐ、と伝える道案内はとても多いため、必ず知っておきたいですね。

Turn left(right) at the corner.

その角を左(右)へ曲がってください。

曲がる場所を説明するときに使います。2つ目の角ならsecond cornerですし、何か目標となる建物があれば、そういった説明でもいいでしょう。

日本は外国人から、人がみんな親切、というような印象があります。そんな印象をもってもらうことってとてもうれしいですよね。でも、道案内ができない…という状態では自信をもって会話もできません。日本全体が親切ではない印象になってしまうのって悲しいものです。

今回ご紹介した道を教えるための英語は、超初心者向けとなっています。基本の英語なので、詳しく説明したいときにはもっと言葉を増やさなくてはいけません。初心者でも安心して学べる格安英会話で、ぜひ英語を学んでくださいね。

英会話初級者向け診断チャートを受けてみる

学習法に迷ったら診断テストでチェック!

サイドカラムイメージ

英会話スクール?オンライン英会話?英会話教材?英会話カフェ?自分にどの学習法がマッチしているのか、診断チャートで確認してみましょう!

受けてみる