HOME » まずは簡単な英会話を覚えてから本格的に勉強しよう!

まずは簡単な英会話を覚えてから本格的に勉強しよう!

外国人が困っている姿を見ても、英語が話せないから…と見て見ぬふり、したことありませんか?英語が話せたら困った外国人を助けることもできるのに…と思いますよね。コミュニケーションの基本でもある会話・言葉はとても大切です。ある程度はボディランゲージで伝えることができるといっても、やはり言葉が通じないと不便です。自分の思った気持ちをそのまま伝えられない…そんなもどかしさがありますよね。

簡単な英会話をまずは知っておきましょう。

あいさつの基本となる英語

Hello

こんにちは、というあいさつの基本です。とても短い言葉ですし、多くの日本人が知っている英語ではないでしょうか。まず会話を始めるときには使える、という言葉です。

⇒Helloの他のカンタン英語表現:あいさつ編を見てみる

感謝の意を伝えるときの基本となる英語

Thank you

ありがとう、と伝える言葉の基本です。こちらも同じように基本となっていて、多くの日本人が知っている英語です。感謝の気持ちを伝えたい、だけど他の言葉はよく知らない…というときはまず使えるでしょう。

⇒Thank you以外にもたくさんある!?他のカンタン英語表現:感謝編を見てみる

道を聞かれたときの基本となる英語

We’re

私たちはここにいます、という言葉ですね。具体的な道案内の言葉ではありませんが、相手が地図をもっていたり、説明に地図を使うときに、まず使える言葉ですね。現在地を伝えることで、その後は地図を使ってどっちに進んでいけばいいのかも説明しやすくなります。

⇒道を聞かれたときの他のカンタン英語表現:道を教える編を見てみる

あいさつ・感謝・道案内の3つは外国人とのコミュニケーションには欠かせない言葉です。会話はあいさつから始まってあいさつで終わるのが基本ですし、感謝の言葉は誰もが受け取って悪い気持ちはしない言葉ですよね。さらに、道案内は観光に日本へ来ている外国人で、困っている人を助けることができます。

今回ご紹介しているのは簡単な英会話だけですが、英語には同じことを伝えるにしても、いろいろな表現があります。間柄やシチュエーションによっても言葉が変わるため、いろいろなバリエーションを知っておけるといいでしょう。

本格的に学びたいなら、スクールに通って勉強することをおすすめします。

学習法に迷ったら診断テストでチェック!

サイドカラムイメージ

英会話スクール?オンライン英会話?英会話教材?英会話カフェ?自分にどの学習法がマッチしているのか、診断チャートで確認してみましょう!

受けてみる